スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中の出来事

Posted by jin on 12.2010 医療 0 comments 0 trackback
今朝電車に乗っていて終点の渋谷で降りる際に床に男性が倒れていた。いつから倒れていたか気付かなかったんですが、すぐ駅員さんが見回りに来て、男性を起こしに行ったんだが起きなかったために2,3人の駅員に電車から引きずりだされて、その後改札の外へと引きずられて行った。

単に酒飲みがオールとかして帰る途中の電車で寝てただけだったらいいんですが、何か健康上の問題があって失神発作でも起こしていたとしたら、安易に引きずり回すのは良くないだろうしこの対応はどうかな?と思った。もちろん電車が止まることになったらそれはそれで会社に多大な損害が及ぶだろうし、全員に対して手厚い介護は必要ないとは思います。ただ、起きない人にはBLS程度でバイタルの確認くらいはしたほうがいいんじゃないかとも思いました。正確な数値はわからなくても5秒あれば把握はできると思うので。

自分はというと、見たときに変だなとは思ったので、呼吸、心拍数、血液循環程度の確認はしたほうがいいかとも思ったんですが、駅員が素早く対応していたのでスルーして目的地へ向かってしまいました。その後男性がどうなったかは知りません。単に熟睡していただけだったら良いのですが。

あとから思い返してみると、年齢も加味した上でまずrule outしなくてはならないなと思ったのは不整脈(っていうかVentricular Fibrillation)。他にも迷走神経反射、電解質異常、てんかん、糖尿病性のDKAだとか高血糖性昏睡とか鑑別は挙がりますが、救急の場面で一番rule outすべきはなんだろう?と後々いろいろと考える経験でした。

家に帰って失神の鑑別を少し調べてみたのでちょっと書いてみます。
1. Cardiopulmonary Cause
→Cardiac Arrhythmia(14%), Pulmonary Embolism, Myocardial Infarction with Cardiogenic shock
2. Nervous cause
→Vasovagal reaction(18%), Carotid sinus syncope, Seizure, Autonomic insufficiency, migraine
3.Orthostatic hypotension
4.Drug-induced cause
→Antiarrhythmic agents, Antihypertensive agents
5.Metabolic cause
→Anemia, Hypoxia, Hyperventilation, Hypoglycemia

Migraine(偏頭痛)が失神の原因になるんだ、っていうのは意外です。鑑別を全部書いたわけではないんですが、この中でBLSレベルで原因がはっきりしそうなのはやっぱり不整脈と低酸素血症くらいしか思いつきません。やっぱり自動車講習とかでもやるBLSは多くの人が知っていれば万が一の時には役に立つのかなぁ、とは思いました。他の疾患のものだと救急外来に連れていかないと救命が遅れてしまうものもありそう、っていう印象。

参考
UCSFにまなぶできる内科医への近道
A Pocket Manual of Differential Diagnosis
スポンサーサイト

資格をとるか否か

Posted by jin on 01.2010 医療 0 comments 0 trackback
今ものすごく迷っていて、USMLE(United States Medical Licensing Examination)を受けるか否か。昔からアメリカ、海外での医療に興味はあって、受けようと思っていたんだけど、最近その勉強をすこしずつ始めてみて、迷いが生じてきた。いろいろと私生活を犠牲にしているし、実際、海外でしかできないことで何がやりたいのか、って尋ねられても納得の行く答えが思い浮かばない。そんな状況で勉強に生活の貴重な時間を大きく割くのはどうかとおもってしまう。GWはしっかり勉強しようかと思っていたけど、このままでは思考を重ねて行くっていう休みになりそう。もっとも、いくら考えたところで答えがあるわけじゃないから徒労に終わるのは見え見えなんだけれども。いつもその瞬間瞬間で自分が一番やりたいことに対して貪欲に挑戦していくことができたらそれが正解なんだろうな。でもそれがわからない。

ちょっと息抜きに

Posted by jin on 06.2010 医療 0 comments 0 trackback
しっかりした先生の話を聴いていると、知識に裏付けられた論理的な診断プロセスがうかがえて楽しい、とともに自分にあまりにも知識が無くて落胆します。CBTの問題解いていてもそうだし、実際に実習に出ていてもしばしば感じます。っていっても学生レベルなんてそんなもんなんでしょうけど。

毎日問題を解くのもつまらないので、本を読んでみる事にしました。「ティアニー先生の診断入門 Principles of Dr. Tierney's diagnostic process」です。図書館で見かけて気になって借りてみました。そんなに堅苦しい感じじゃないので土日でさらっと読んでしまいたい。っていうか一般向けの本が読みたかったんですが、結局勉強に関わる本を選んでしまいました笑

ざっと最初の方に目を通してみましたが、結構教科書と論点、視点は同じ。優秀な人はみんなこんなことを考えているのかぁ。

今、難しいのは鑑別疾患を挙げる事。そもそも疾患の知識があいまいすぎるのでそっちの方から固めないといけないんですが。症状を聞いただけで鑑別疾患をホイホイと挙げるスキルがあったらもっと深いんだろうと思います。そこには疫学的な知識を入れる余地がまだまだ残されているし、果てしない。

マジメに考えるとキリが無いけど、あと2週間くらいはマジメに勉強しつついろいろ考えてみよう。

これからOSCE

Posted by jin on 30.2010 医療 0 comments 0 trackback
今からOSCEです。

OSCEっていうのは医学部とか薬学部が臨床実習にすすむためにクリアしなくてはいけない試験で、全国の大学で実施されてます。やることは診察のシミュレーションみたいなものです。全部確認したとは思うんですが、細部は切り捨ててるしかなり不安・・・。
ただ、去年の例を聞く限りそう簡単には落ちないと思うので、落ち着いてやって行こうと思います。

近所に住む友達が多くて良かった。おかげで前日に見たり聞いたりする事で足りない部分にいろいろ気づくこともできたし。本を読んで勉強するのもいいけど、実習に関しては勉強会を開くほうが断然身になりますね。

試験開始は午後から。もうちょっと確認してから行ってきます。

そういえば、試験の内容をブログとかに書いたら退学処分ものなんですよね。終わった後に試験について触れるのは怖いのでやめとくつもりです。

脳外科医、福島孝徳氏の申告漏れと、診療科について少し考えた事

Posted by jin on 08.2009 医療 0 comments 0 trackback

ニュース見てたら、有名な脳外科医の福島孝徳氏が、所得の申告漏れを指摘されて、課税されていた。それに対しての意見が意外と国税局の批判に集中していた。もちろん申告漏れ自体は法に反してるので、国税局が指摘するのは当たり前なんだけど、それでも優秀な医師の見方をする人は多いんですね。

福島先生は良性腫瘍の手術の専門で、いろいろな患者が命を助けてもらったと感謝している一方で、悪性腫瘍には手を出さないのか?という指摘もある。

ただ、自分が勉強した限りでは、悪性腫瘍を治したらそれこそ本当の神だと思う。っていうか、手術じゃ治せないだろ、っていうのが本音。脳外科微妙だなー、って思ったのは悪性腫瘍は治せないだろ、って思ったから。

こういうケースは別にしても、最近、治せるのか、治せないのか、でこの科には興味あるかな、って思う傾向が自分の中にあるのに少し気づきました。神経内科とか脳外科の病気は治りにくいものも多い、それだったらなんだか行きたくないなー、なんて思う一方で、循環器とかは意外と治る。だったらそっちの方が魅力的じゃん。なんて思っている自分がいる。

医師の役割って何だろう?って聞かれたとすると、小さかった頃の自分は、「病気の人を治すこと」って答えるだろうけど、今は違う。今だったら、可能な限り鑑別診断を上げ、診断をつける事。だとか、可能な限り疾患を治療する事、できないのならば、QOLを上げられるだけ上げる事。つまり、「患者が望む人生を送るために最大限の手助けをする事」だと思っている。治る代償が大きいから延命したくないっていう人だっているだろうし、どうやったって治らない病気だってある。そういう現実を知っていくうちに、今できることって結構限られてるんだな。って知った。

最初は、今できないことを将来的にできるようにする、っていうことがしたくてこういう道を進もうって決めたはず。でも、年月を経るうちに、ストイックっぽくはなったけど、現実と折り合いをつけて安全な道を進みたくなっている。別に悪い事じゃないし、治せる人を治すことにすごく魅力を感じるからこそそう思います。でも、逆に、治りたいけど治らない人、そういう人に対してできることをする、アプローチを探す、そういうことも、悪くないよな。難しいけれど。

どの道を進んでもはずれじゃないだろうし、まだ時間があるから決められないんだけど、いろいろと情報は探して行きたいと思います。

 HOME 

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。