スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYその6

Posted by jin on 08.2011 雑記 0 comments 5 trackback
ラストです!!前日クラブで夜中3時まで飲み明かしたせいで、起きたら昼前笑 だいたい昨日までで見たいスポットは見れていたのでこの日は気ままに何も考えずに歩いていました。

二日酔いを覚ますためにとりあえずセントラルパークを歩くことに。John Lennonが射殺されたStrawberry fieldsを通り、南へ。リスなんかもいて可愛かったですね。

送信者 Photos


送信者 Photos


セントラルパークから南へ抜けて、ダウンタウンのイーストサイドあたりまで行ってそっからチェルシーへ。Hudson riverの近くのあたりに小さいギャラリーが集合しているときいたので、その辺りへ行ってみることに。実際に行ってみるとビルの中に複数のギャラリーがあって、若手のアーティストが作った作品を売る場所にもなっているみたいです。作品は高すぎてとても手が出せる値段ではなかったですが、見ていると結構面白いもので、オブジェみたいなもの、写真、絵、などなど、見ていてあきませんでした。この地域には数百のギャラリーがあるらしく全部を見まわることは到底無理でしたが、気になったところには気兼ねなく入って鑑賞してました。

送信者 Photos


送信者 Photos

最近できたらしいHigh Line Park

送信者 Photos

近くにあった大きなショッピングモールのChelsea market

などなど、ガイドブックに書いてあるような有名スポットを回ってみました。後は夕方のGreenwich Villageを歩いて買い物をしたりなどなど。有名ブランドの路面店がたくさんあるんですよね。見ていて結構楽しかったです。

送信者 Photos

最後の夕食はソウルフードを食べることに。店に入ると基本的に量が多すぎて全部食べると二郎を食べた後のような気持ちになるんですが、そんな中、セクシーな黒人の店員が「ソウルフードは初めて?美味しかったでしょ?」なんて話しかけて来たので、とりあえず味を褒めておきました。正直なところ、アメリカの食事はずっと食べるにはちょっと日本人には合わないんじゃないかなー、と思います笑

最後の日もバレンタインデーに行った55 barへ。この日はAdam Rogersを目当てに行きました。1st stageのバンドも一応見ておこうと思ったので見ておきました。

Greg Lewis Trio at 55 bar
・Greg Lewis - organ
・Ron Jackson - guitar
・Cindy Blackman - drums

Adam Rogers Trio at 55 bar
・Adam Rogers - guitar
・Fima Ephron - bass
・Nate Smith - drums

1stは結構微妙でした。どうやら最近レコーディングしたのでそれのお披露目の意味も込めてのライブだったみたいですが、あんまり好きじゃなかったです。Paul Bollenbackが参加していたバンドの方が全員のレベルが高かった。後半のAdam Rogers Trioは期待していたとおりの内容。想像通り、Adamは結構キモかった笑 ただ、ストラトの音がめちゃめちゃいいんですよね。リアーセンターのハーフトーンをクランチ気味に歪ませてだしている音の切れ味が最高でした。あと、文句なく上手い。ただ、うますぎて弾きまくるっていうのもまた微妙なもので、ギタリスト的には楽しめる内容だとは思うけれど、ライブを見に来たって考えると、やはり少し弾き過ぎな気はしました。

これでニューヨーク最終日は終了。翌日は昼過ぎのJFK発の航空便にのらなくてはいけなかったので朝ちょいちょいおみやげを買って、日本に飛び立ちました。一人旅行の醍醐味は十分に味わえた旅になったと思います。自分が好きなだけライブをみにいけるし、美術館にも寄れるので、こういう旅もアリかな。ただ、お金がかなり飛んでいったのが難点でした笑
スポンサーサイト

NY その5

Posted by jin on 07.2011 雑記 0 comments 2 trackback
このあたりから急に写真が少なくなりました笑

2月16日。この日はモダンアート系のミュージアムを回ろうみたいな企画。泊まっていたのがBroadwayでセントラルパークの西だったんですが、ミュージアムは基本的にEastにあるのでとりあえず朝東に向かうのが日課になってきちゃったんですよね。

朝のセントラルパークの湖は凍っていました。寒いの好きなのでこんな朝もいいな、なんて思っちゃいましたが。

送信者 Photos


この日はGuggenheim Museumへ。建物からしてモダンです。

送信者 Photos


この美術館はニューヨークには珍しく、館内の撮影が禁止されていました。他の美術館では撮影OKなので、実は結構写真を撮りまくってます。何が惜しかったって、この旅行期間中に行った美術館の中でGuggenheimの雰囲気が一番好きだったから、内部を写真にちょっと残しておきたかったなぁ、っていうのが今でも悔やまれます。内部は螺旋状になっていて、それを登りながら美術品を見ていきます。行ったときは20世紀の美術品が年代を追うようにして展示されていました。ピカソ、マチスとか有名な人の作品も多く展示されています。美術品はよくわからないけど、20世紀のあたりのやつが割と好きだなって最近気づいたのでこの美術館は個人的にはヒットでした。気に入ったので美術品のカタログまで買っちゃいました(^^)v

ただ、メトロポリタンとか、MoMAに比べると小さめの場所なので、昼時くらいには観終わります。

ニューヨークといえば世界最大級のチャイナタウンが有名ってことで、美味しい餃子でも食べに行こうと思ってWiFiを駆使してニューヨークで一番オススメと言われる店に行って餃子を買ってみました!!かなり安いんですよ(^^ 餃子だけだと微妙かなって思ってうどんも付けて5ドルくらい。破格です。でも、食べてみたらまずかったです。。。日本人には日本の餃子のほうが口にあうみたいです笑 餃子の王将とか、すげー美味しいと思います。

送信者 Photos


チャイナタウンからヒイヒイ歩いて向かった先は、New Museum of Contemporary Art。ここは数年前にオープンしたばかりのミュージアムで、若手のアーティストの作品が展示されています。

送信者 Photos


普通にビルの間にたってるので分かるように、かなりちっちゃいです。見ることができるフロアも4,5フロアだったと思います。常設展はなく、定期的に特別展が入れ替わるみたいです。この日やっていたのもかなり若手の人の作品で、前衛的でした。エキセントリックでかつグロい感じ。あんまり好きではなかったですね笑

夜はこの日はライブには行かずにクラブに行ってみました(^^ Cieloってところで、meetpackingにあります。夜にmeetpackingに行くのはかなり怖かったです。道が広くて人通りが少ないのでこえー、って思いながらエントランスに入りました。かなりのアウェー感をくらいましたが、音楽は楽しめたかな。日本人の方が来ていたので心強かったです笑 この日、10時~11時の一時間はVokha freeということで、ウォッカ系のカクテルを飲み過ぎてかなりぐでんぐでんでした。。

NY その4

Posted by jin on 06.2011 雑記 0 comments 0 trackback
さすがに旅行にいって二ヶ月以上も経つのにブログが完成してないとか笑えるのでGWも終わりに近づきましたが一気に書き上げようと思います。

NY4日目。さすがにライブ疲れが溜まってきて(確か前日ホテルに帰ったのが1時過ぎとか)、朝起きるのもしんどいので、比較的開くのが遅い美術館に行くことに。West sideからバスに乗ってEastへ。メトロポリタン美術館に来ました。

送信者 Photos


事前の調査は全くやってなかったんですが、この時期はGuitar heroesっていう特別展をやっているらしく、有名なクラフトマンが創り上げたギターが展示されているということで行ってみました。重厚な感じの往年のエレキギターが多かったんですが、特に目を引いたのがGrant Greenが使用していたというD'Aquistoのギター。風格が他のものと違いました。かっこいい。結構ボディも大きくこれを弾くにもかなり大きめの体格が要求される気がしますが一回触ってみたいと思いました。

送信者 Photos


夕方くらいまで美術館にいたんですが、そこを出てから五番街のあたりへバスで向かってちょっとお買い物。インポートブランドはやっぱ現地の方が安いです(^^;

陽が沈む頃を見計らってさらに南下してエンパイアステートビルへ行きました。一番混む時期だととてもじゃないが並ぶのがめんどくさい場所みたいですが、割とすいていてすぐに上まで登れました。実は陽が沈む頃のちょうどいい時間を狙っていて、バッチリニューヨークの夜景をカメラに納めてきました!

送信者 Photos

南側、バッテリーパーク、自由の女神方面の写真です。ちょうど日が沈むころ。

送信者 Photos

北側、セントラルパーク方面の夜景です。

そんな感じでいつしか夜に。

この日も夜はやっぱりライブに行きました。ライブハウスはホテルから15ブロック程離れたところにあるSmokeというところ。多くのライブハウスがGreenwich villageあたりにあるのに比べるとこのライブハウスはかなり外れた位置にあるのが特徴。毎週Peter Bernsteinが演奏するということで、お目当てだったんですが、ちょうど入れ違いにボストンにツアーに行ってしまったらしく、この日はPaul Bollenbackが出演していました。Paul BollenbackはJimmy Smithのバックで弾いていたのが印象的なギタリストで、そのアルバムでのギターワークがあまりにも素晴らしくて結構お気に入りだったので結果オーライって感じでしょうか。メンツはこんな感じでした。

・Mike LeDonne Quartet at smoke
Mike DiRubbo - Asax
Paul Bollenback - Guitar
Mike LeDonne - Organ
Joe Farnsworth - Drums

Paul Bollenbackが圧倒的すぎてちょっとバランスが悪い感じがしましたが、オルガンジャズはこの日しか聞けなかったのでかなり印象的です。前に座っていたのが実は結構有名なピアニストで、全然知らなかったんですが割とフレンドリーに話しかけてきてくれて少し話をしました。名前忘れてしまいましたが、Pat Martinoと共演したことがあるらしいです。うらやま・・・。

NY その3

Posted by jin on 03.2011 雑記 0 comments 0 trackback
New York旅行の続きです。2月14日のことだったかな。この日はNatural History Museumに行きました。高校生の頃に1ヶ月くらいNew Yorkに滞在していた時、Natural History Museumを見に行ったときにニューヨーク大停電に遭遇しました。2003年当時、アフガンへの侵攻が始まったばかりの頃で、世の中が特に緊迫した状況になっていたため、そのブラックアウトが起きたとき、町には帰れなくなった人があふれ、「テロが起きたんじゃないか!?」なんて叫ぶ人もちらほら。かなり怖かったのを覚えています。今の日本はそんな状態が続いている感じがします。

送信者 Photos


本題に戻ります。Natural History Museum。地球の生物の進化とか、どんな生き物がいたのか、エスニックな文化について学べるような博物館です。やっぱり目を引くのは巨大な恐竜のコーナー!こんなデカイ生き物がいたのか!?って思うだけでワクワクするような場所でした。

この日はブルックリンの方に行きたくて、事前にニューヨークに留学したことがあって詳しい兄にオススメの店を聞いたところ、ココはうまい!って進められた、Grimaldi's Pizzaに行くことに。

送信者 Photos
送信者 Photos


凄くおいしいんだけど、超デカい!!2人前分くらいあります。スライスでは売ってくれないんですよね。まるまる一枚で出てくるから一人の旅行者にはキツい!半分でかなりおなかいっぱいになったので、半分はto goで持ち帰りました。

ご飯を食べたらDamboの辺りをうろうろ。面白そうな本屋とかがありましたが、まだまだこれから発展していきそうな地域ですね。ギャラリーとかが増えそう。

送信者 Photos
送信者 Photos


雰囲気はのどかな町並みって感じで住みやすそうでした。ちょっと西を見れば、ニューヨークの摩天楼とか、有名なBrooklyn Bridgeが見えます。

送信者 Photos

送信者 Photos


せっかくなので腹ごなしもかねて歩いて渡ってみる事に。
送信者 Photos

スタート!
送信者 Photos

結構あります。2kmくらい?30分ちょいかかったと思います。この橋は歩いてわたる人も結構多くて、道すがらいろんな人に会いました。写真を撮ったり撮られたりしつつ。

この日は夜から55 barでライブを見ようと思っていたので、ちょっとそれまでホテルで休んで、ライブの開始時間に合わせて55 barに行きました。

この日のライブは2セット(3ステージ分見ましたけど。)
Roz Corral Quartet
Roz Corral - vo
Dave Stryker - guitar
Ugonna Okegwo - bass
Steve Williams - drums

Mike Stern Trio
Mike Stern...Guitar
Tom Kennedy...Bass
Lionel Cordew...Drums

どっちもすばらしいライブでした。メンツもテクニシャンばかりで上手かったです。Dave Strykerはあまり聞いたことが無かったけれど、はずさない人だなって思いました。これぞプロっていう上手さでした。バックの強力さに支えられて、Roz Corralさんもすごく気持ちよさそうに歌っていました。

Mike Sternはいつもの感じでしたけど、55 barでやるライブは日本よりもさらに自由にやりたい放題でした笑 でも相変わらず上手いし、なによりバラードが良かったですね。最後はやっぱりTipatina'sでした!

この日はバレンタインデーだけあって、カップルが多かったです。男二人連れで来てる人たちとか、一緒にいる相手いないのかなー?なんて思ってましたが、彼らも立派なカップルでした。。。店ですげーいちゃついていて、ゲイ文化の浸透具合に驚いたものです。

NY その2

Posted by jin on 23.2011 雑記 0 comments 0 trackback
NY 3日目。この日はアメリカで研究をしている大学の同級生と一緒にNYを観光することになっていたので、朝ダウンタウンで待ち合わせをして、自由の女神へ。
送信者 Photos

ここまでくるとニューヨークに来た感じがしますね(^^ もちろん中の方まで行ってみてきました。

Beth Israel Clinicの先生とアポをとっていたので、それに間に合うようにマンハッタンに帰還、ご飯を食べに。Katzっていうパストラミサンドの店です。写真だとあんまり伝わらないけど、このサンドイッチ、結構ボリューミーでおなかがかなり膨れます。

送信者 Photos


送信者 Photos


Beth Israel Clinicで先生とお会いしていろいろお話を聞かせてもらったり、中を見せてもらいました。記念写真は友達が持ってるからデータもらわなくては・・・。

そんなこんなで夕方になり、友達はPhiladelphiaに帰り、自分はライブを見に、Village Vanguardへ。

送信者 Photos


この日はChris Potter Quartetでした。さすがにいいライブでした。去年の暮れにみたRobert Glasperと似たようなものを感じた。コンテンポラリーかつ、かなりフリーなジャズのライブでした。この日は時間が少しあまっていて、せっかくなので、Groovesっていうソウルミュージックのクラブでバンドの演奏を聴くことに。なんと、テーブルチャージがタダです!!心積もりは多少あげましたが、本当にアメリカのコンサート事情は凄くて、凄く安い。っいうか、演奏してあげるからいっぱい食べろよ、みたいなイメージ?

送信者 Photos


シンガーの方と写真も撮ってもらっちゃたりでなかなか楽しい一日でした。ホテルを出たのは7時半とかだったはずなんですが、帰ったときには午前一時を回ってました。なかなかに疲れたけれど、かなり充実してました!
 HOME 

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。