スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jamie Cullum - Catching Tale

Posted by jin on 02.2008 Music 0 comments 0 trackback
Catching Tales

Catching Tales

1枚目に聞いたJamie Cullumの作品がtwentysomethingだったんですが、次にこれを聞いたとき、「ほんとにJamie Cullum」かよ!?って思いました。

London Skiesとかに強くあらわれてるポップ色。アコギのポップシンガーみたいなキャッチーな曲っていうのは、以前のJamieにはあまり見られなかったものだと思います。以前のJamieは、ホントにジャズ色が強くて、ロックの曲とかのカバーもおちついたジャズ調に、自分のフィールドに引き寄せていた気がします。今回は逆にJamieが歩み寄った感じ。

Catch The Sunとか、もう、Waking Ashlandとかを想像してしまうくらい、バンド調もちろん、ロックっていう意味で。やっぱり、今回の変化の大きいところって言うのはギターが入ったところにあるんじゃないんだろうか?これなら自分でもバンドでできそう(^-^

たしかにキャッチーになって聞きやすいし、ウケもいいんだろうなぁ、って思う反面、なんだか、前みたいになってくれないのかなー、っていう、なんかちょっと離れてしまったのかなぁっていう寂しさは残ります。

ただ、Jamieのすばらしいところってやっぱり聞きやすくて耳になじむことだと思うから、この路線であるかどうかにかかわらず、いいものはいい!!

なんだかんだ、前作みたいな路線の曲も多いですし。

やっぱJamie Cullum好きだなー。もっと探して行きたいです。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/332-b1ffcc80

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。