スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brand New Heavies - Brother Sister

Posted by jin on 20.2009 Music 0 comments 0 trackback
Brother Sister

Brother Sister

1990年代初めにイギリスの音楽シーンの一部を大きく占拠していたAcid Jazz。このジャンルに関しては、代表的なアーティストを若干知っているくらいで、どういうものなのか、背景的なものまで知っているわけではないんですが。菊池成孔氏の本を読んで、すこし触発されて、この前ライブでもやったので紹介しておきます。

Jazzという名を冠してはいますが、所謂ダンスミュージックなのがAcid Jazz。ダンス、これに尽きます。基本的にはアナログな楽器を使っていますが、ビートは4つ打ちに近いものがあって、BeBopとかそこらへんのジャズとは全く違うリズムフィーリングに基づいて演奏されている。というか、モダンジャズとAcid Jazzを比べること自体がナンセンスだと思うんですが。ダンスミュージックとして話しましょうか。

生の楽器的な見方からすると、ファンク色が濃いんですが、デジタル的な色合い、というか、生っぽさって言うのはあまり強調してない。あくまでクール。書いているうちにいちばん大事なことを思い出した。歌っているのは黒人なんですが、このバンドの演奏はものすごく白人っぽいんです。R&Bなのか?ファンクなのか?ダンスミュージックなのか?今あげた3つは背反なものではなく、互いの共通点を見つけることができるものですが、うまくその共通点を見つけ出した、っていうような感じだと思います。

IncognitoやらChicやらが好きな人って言うのはおそらくすきなんだろうなー。曲としてはSpend Some Timeなんかは、いかにもなノリノリのダンスチューンです。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/504-56fb7a05

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。