スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Larry & Lee

Posted by jin on 13.2009 Music 0 comments 0 trackback
Larry & Lee

Larry & Lee

Larry CarltonとLee Ritenourの競演アルバム。世界的ギタリスト二人が上質なフュージョンをかなでる。

同時期に発売されたRichie Kotzen vs Greg Howeと違って耳に優しく、とても音楽的。あっちが曲芸的であって、ギターキッズ向けだとしたら、こちらはアダルトが楽しむためのものって感じです。

いわゆるイージーリスニングというんでしょうか?全体をとおしてうかがえる、まったりとした感じがとても心地よいです。それを聞かせてくれる二人のギターのテクニックは確かなもので、アーティキュレーション一つ一つが素晴らしい。一音一音でここまで訴えてくるギターは彼らじゃないとできないと思います。

1、ミドルテンポから、サビで盛り上がるところがすき。2、まったりとして、とれもRitenour的なナンバー。3、わりとファストナンバーでノリがかなりいい。4、スーパーでかかってそうなゆっくりめのミドルでシンプルなファンクっぽい曲。5、メロディがとても印象的なバラード。6、16ビートを刻む金物が印象的なのと、曲の展開があっていい。ソロもかなり聞き所満載です。7、音数少なめで、メジャーな明るいナンバー。8、アコースティックナンバー。9、シンセの音が特徴的なブルージーナンバー。カールトンはこういうのでものすごくさえますね。10、音の広がりが気持ちいいガットギターの曲。11、スローなバラード。ブルージーに歌い上げてます。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/549-2470258f

Profile

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。