スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Char - Char

Posted by jin on 17.2010 Music 0 comments 0 trackback

1,Shinin' You Shinin' Day
2,かげろう
3,It's Up To You
4,視線
5,Navy Blue
6,Smoky
7,I've Tried
8,空模様のかげんが悪くなる前に
9,朝


1976年の作品。全9曲。70年代の日本でこんなアルバムを作れる人がいたのか、って衝撃的でした。それ以前に70年代ごろの日本の音楽シーンが全く分からなかったので、すこし調べてみたんですが、やっぱり、フォークソングとかが主流だった様で、バンドで有名なものは相対的にかなり少なめだったよう。

で、話は本アルバムに戻ります。一聴して思ったのが、「あ、英語の歌詞の歌とかあるんだー!」。単純な話じゃなくて、輸入品っぽさが垣間見えたんです。当時の世界的な音楽的背景を受けて、Char自身が解釈して、日本人としてアウトプットしなおしてみた。今となってはクラシックの部類に入るようなアルバムだと思うんですが、当時としては世界的にも目新しい音楽の部類だったんじゃないでしょうか?

1.Shinin' You Shinin' Dayとかなんてまさにクロスオーバー(=フュージョンって考えてください)の影響濃い曲。TOTOとかPoliceとかが登場してAORって呼ばれるようになる前のアルバムでこんなことをやってるって面白いな、なんて思ってしまいます。他の曲もクロスオーバーの影響とか、Funkとかの影響は聞かれます。ギタリスト的にはやっぱり6.Smoky。ロックよりのフュージョン。ギターソロカッコいいです。素直なフレーズが多いとは思うんですけど、フュージョンのバッキングの上に乗せてきてもしっくりくるし、全体的に勢いがある曲調の中でよくハマってる。

あと、さっきの”日本人としてアウトプット”ってかいた事についてなんですが、外国人のセンスを単にもらっただけじゃないと思うんですね。日本人としての感覚を忘れないで、日本語の発音に良く合ったメロディをつけてるんだろうな、って気がするし、ギターのフレーズとかも、Char自身が影響を一番受けていたであろうロック系のギタリストの音を素直に出してる。曲は洗練されてるけど、その中で自分の芯を失わないって結構凄い事だと思うんですよね。

いいアルバム。30年以上たっていても楽しめます。ジャパニーズ・セッション・クラシックみたいなのがあったらこのアルバムは絶対出てくると思う。



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/642-3fba47d2

Profile

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。