スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The RH Factor - Hard Groove

Posted by jin on 16.2010 Music 0 comments 0 trackback
カッコよすぎて最近ヘビロテしてます。Neo SoulからHard Funkまで幅広く、分かりやすくてしかもクール。



The RH Factor
Hard Groove
(2003)

1. Hardgroove
2. Common Free Style
3. I'll Stay
4. Interlude
5. Pastor 'T'
6. Poetry
7. The Joint
8. Forget Regret
9. Out of Town
10. Liquid Streets
11. Kwah/Home
12. How I Know
13. Juicy
14. The Stroke

(長いので、メンバーはラストに。)

The RH Factorが世に初めて出した作品。(のはず。違っていたら指摘お願いします。)以前紹介したDistractionもそうですが、D'AngeloやErykah Baduなど、豪華ゲストと共演してます。R&B的な要素、soul、funk、hip hopを含んだ、かなり「黒い」音を出してるアルバム。

ゲストヴォーカルはR&B界で今勢いのある人達ばかりで、良質なNeo Soulな楽曲が多い。あと、リズム隊の出すグルーブが全編通してかっこいい。単純な8ビートっぽい事やっててもすごいグルーヴィ。Commonが歌う、Common Style Freeはクール。歌モノとしてはQ-Tip, Erykah Baduが歌うPoetryが一番印象的。始めはちょっとルーズな感じのする曲なのに、いきなり雰囲気が変わる。そんなところで!?みたいに急に曲調が変わって、さわやかめの曲になり、Erykah Baduの声がすごくしっくり来る。その裏で流れるコーラスのメロディも凄く印象的でずっと耳に残る曲です。How I Knowのコード進行もいい。結構単純なベースラインなんだけど、タメが多い曲の中でも前にぐいぐい引っ張っていく感じがして安心して聞ける。

インストもカッコいいのが多くて、ファストなナンバーだと、Out Of Townはハンパない。不協和音っぽい音を重ねたペットの音がハラハラさせるし、グルーブもたまらない。途中のベースがうねってスラップ始めるあたりはアルバムで一番盛り上がると思う。前後の2曲がそれに比べて落ち着いてるって言うのもあるけど、この曲もはっとする瞬間。次のLiquid Streetもピアノの音がしっとりしてて好きかな。

全体を通して聞くと78分くらいあって、かなり長いんですが、曲がバラエティに富んでいるし、曲の配置の仕方が上手いせいか全然あきません。一回聞いてリピートして…みたいなことを繰り返しています。曲がさまざまだからこそ人によって好みも分かれるだろうし、書いた事が参考になるとは限らないけど、このアルバムは聞くべき。

しっとりめな曲ですが、The Joint


[Personel]
Roy Hargrove (arranger, trumpet, flugelhorn, keyboards, bass, percussion, vocals)
Keith Anderson (saxophones)
Jacques Schwarz-Bart (saxophones)
James Poyser (keyboards)
Bobby Sparks (keyboards)
Bernard Wright (keyboards)
Spanky (Chalmers Alford) (guitars)
Cornell Dupree (guitars)
Pino Palladino (bass)
Reggie Washington (bass)
Willie Jones III (drums)
Jason Thomas (drums)
Erykah Badu (vocals)
Steve Coleman (alto saxophone)
Common (vocals)
D'Angelo (vocals, Wurlitzer)
Karl Denson (flute)
Anthony Hamilton (vocals)
Shelby Johnson (vocals)
Stephanie McKay (vocals)
Meshell Ndegeocello (bass)
Renee Neufville (vocals)
Q-Tip (vocals)

[参考]
SOUL,R&B,HIPHOPに酔う黒船乗組員RH factorのBiographyの和訳が載ってます。
Pretzelジャズ日記こちらはRoy Hargrove自身のBiography。The RH Factorに関しては少々辛口なコメントをされてますが、純粋なジャズファンからすると、RH Factorの音楽性を追求するよりは、、、って感じなのかも。


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/666-331deb3f

Profile

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。