スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mike Stern - Big Neighborhood

Posted by jin on 10.2010 Music 0 comments 0 trackback


Mike Stern
Big Neighborhood
(2009)
1. Big Neighborhood
2. 6th Street
3. Reach
4. Song For Pepper
5. Coupe De Ville
6. Bird Blue
7. Moroccan Roll
8. Long Time Gone
9. Check One
10. That's All It Is
11. Hope You Don't Mind



Personnel:Mike Stern(G), Steve Vai(G,Sitar-G)1,7, Eric Johnson(G)2,8,(続き)

Steve VaiやEric Johnsonのゲスト参加で話題になった作品。1曲目から重いロックナンバーなのでびっくりさせられます。Steve Vaiがこの手のジャズ系の作品に参加するなんて意外だな、って思っていたんですが、むしろこれはSteve Vaiの曲なんじゃないのか、って思うような曲。(全11曲Sternの作曲ですが。)いつもながらゲストに食わせてるのか食われてるのか分かりません。しかしこれはこれでマンネリ化していたMike Sternのソロ作品に変化をもたらしているとも言えます。ゲストの多彩さのおかげか、ほとんどの曲でゲストに特徴的な演奏が聞けます。その弊害としては曲ごとの統一性が全く感じられないことでしょうか・・・。もはやコンセプトなきコンピレーションアルバム。1. Big Neighborhoodと5. Coupe De Villeが一緒のアルバムの作品には思えないくらいに違います。全曲似たり寄ったりのアルバムも辛いですが、ここまで違ってくると賛否両論分かれるような気がします。

今回もやはりMike Sternの演奏は相変わらずのトレードマークのディストーション+ロックギターなフレーズ全開で多彩な曲の中Stern道を貫いています。好きな人は好きだし、苦手な人は苦手なギターなはず。Mike Sternはプレイが一辺倒だのつまらんだの、酷評を聞きますが、自分はこれはこれでアリだと思います。それと、最近考え方を改めて、ジョンスコタイプのアウトを頻繁に使うタイプのコンテンポラリー系の演奏がギタリストにとって最適な解だとは思わなくなったこともあります。

作品から離れてしまいましたが、この作品はいつもとちょっとちがうSternのアルバムを聞くにはいいし、各アーティストの持ち味を味わいやすくて、手を出すにはいいと思います。1枚目はどれを聞いても割と同じ印象だと思うので、2枚目に特にいいかな笑
しかし、たまにはStern名義のソロ作品で革新的なこともしてほしいと思います。ファンの多くはそれを期待していないとはいえ、もったいない。個人的にはBonaが入ったThese Daysみたいなのも好きだったので。ちなみに今作の3.ReachはThese Daysのアウトテイクだったらしい。

[参考]
D9の響き
ジャズCDの個人ページBlog
Jazz & Drummer
サウンドエクスプローラー


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/677-984277c8

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。