スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Earl Klugh - Peculiar Situation

Posted by jin on 12.2010 Music 0 comments 0 trackback

Earl Klugh
Peculiar Situation
(1999)

1. Peculiar Situation
2. Now and Again
(続き)

70年代頃から人気を集めて、アコースティックギターの名手として有名になったEarl Klugh。1999年の作品です。このアルバムもアコースティックギターを全面に押し出したプレイが聞けます。全体的な音としてはまさにスムースジャズのそれ。曲調はPaul Jackson Jrなんかとも似ていると思います。前レビューしたやつとか。あと、おとなしくなってからのGeorge Bensonが好きな人にはいいかも。こっちはもっとおとなしいですが。

スムースジャズだからなのか、どの曲も無難にまとまっていて悪くないしBGMとして流しておくには十分なんだけど、聞き通したときに振り返ってみるとイマイチ思い出せない感じが少し残念。このアルバムはRoberta Flackがゲスト参加しているのがひとつの目玉なので、Now and Againを聞きましょう。

Jazz/Fusion系のギターとしては少し物足りないかも。メロディアスで最小限の音でまとめてきた感じ。アウトとかイレギュラーなことはしてない、はず。このアルバムはプレイリストに突っ込んでたまに聞くっていうアルバムになりそう。


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/684-1b8f907b

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。