スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream TheaterからMike Portnoyが脱退

Posted by jin on 10.2010 音楽 1 comments 1 trackback
周囲がざわ・・・ってなってます。
Mike Portnoyが25年のDream Theaterでのキャリアに一旦終止符を打つことを決めた。

[ソース]
MikePortnoy.com
BLABBERMOUTH.net(日本語記事)
Dream Theater on MySpace(James Labrie, John Petrucciによるコメント)
Words of Wizdom(Jordan Rudessによるコメント)

最近のMPはサイドプロジェクトがかなり忙しかったみたいですね。A7Xでまで叩いていたとは知りませんでした。

ニュースサイトに出ていたインタビューを簡単に要約すると、
「25年間続けてきたがDream Theaterの活動、作曲、レコーディング、ツアーの繰り返しに疲れた。今はサイドプロジェクトが楽しくて、自分の心はDream Theaterに無いことに気づいた。少し休まないかとメンバーに持ちかけたがメンバーはそれに反対して、代役を立ててでも続けるということを主張した。なんとか回避したかったがそれは叶わず今回のようなことになってしまった。Dream Theaterを愛してくれたファンのみんな、すまない。しかしこれから先もDream Theaterを支えてくれ。そしてこれからどうなるにせよ自分の活動も支えてもらいたい。」
と、こういう感じ。

Dream Theaterは来年の1月に新作のレコーディングを開始するようですが、新しいドラマーは誰になるんでしょうか。良くも悪くも何かが変わって行くのでしょう。バークリーの3人組であるJohn Petrucci(Gt)、John Myung(Ba)、Mike Portnoy(Dr)は絶対にDream Theaterからいなくなることは無いと思っていただけにショックです。一方で、Train of Thoughtあたりから顕著になったHMよりな曲調に何かの化学反応が起きてまた素晴らしい作品が作られたならそれはそれでいいとも思ってしまう。


===============

Dream Theaterを初めて聞いたのがSix Degrees of Inner Turbulenceがでた翌年の2003年。なんだか超絶技巧なミュージシャンがプログレッシブな凄いロックをやっているらしい、みたいなウワサを聞いて近くのTSUTAYAに行って初めて手にしたのがMetropolis Part 2: Scenes from a Memoryでした。当時高校1年だった自分(ハードロックっていうモノに触れ始めた頃)にとっては衝撃的なアルバムでした。巧すぎてなんだかよくわからなかったけれど、とりあえずOverture1928だけでも満足できるくらいで、MDでひたすら聴きまくりました。で、Dream Theaterを教材にギターひきまくった。次に聞いたImages & Wordsもやっぱり凄くてどんどんとのめり込んでいって、Dream Theaterばっかり聴いてました。

で、AwakeFalling Into InfinitySix Degrees of Inner TurbulenceWhen Dream & Day Uniteとどんどんと聞いていくうちに新譜Train of Thoughtが出たわけです。Jordan Rudessが加入して3作目に当たる作品ですが、上述のようにこの頃からDTにHM色がどんどんと強くなっていって、続いてでたOctavariumも前作と似た傾向だったので、新作にはだんだんと興味が薄れていってしまいました。そうは言ってもSystematic ChaosBlack Clouds & Silver Liningsも聞いたっちゃ聞いたんですが。キャリアを全部通してもやっぱり好きなのはMetropolis Pt.2やImages And Wordsの2作品。新作が出るたびに昔のDream Theaterが帰ってこないかな、みたいなことを考えながら聞いていたら新しいDream Theaterがあんまり好きじゃなくなっちゃったんですよね。(同じようなことをよく聞きます)やっぱりDream Theaterを聴き始めるのであればBlack Clouds & Silver Liningsとかじゃなく先程上げた2作品を聞いて欲しい。だってImages And WordsなんてAmazonのレビューの平均が4.9っていう超々高得点をたたき出しているんですよ!

Mike Portnoyが今回Dream Theaterを一度去るというのなら、決めたことなんだからしょうがないけれど、バンドの中核であった存在がいなくなることでDream Theaterにも変化が絶対に訪れると思う。James Labrieが加入した時に生まれたImages And Wordsや、Jordan Rudessが加入して生まれたMetropolis Pt.2のように、大きな変化を迎える時こそバンドが成長する時でもあると思うので、これからの活躍もじっくり見守っていきたいと思います。

【関連記事】
hello! progress!!
Food for Thoughts、Candy for Ears
耽美な音楽そして...

Images & Words
Images & WordsDream Theater

Atlantic / Wea 1995-02-22
売り上げランキング : 1503

おすすめ平均 star
star聴けばわかります
starリマスターの効果を実感
star満点以外はつけられない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Metropolis Part 2: Scenes from a MemoryMetropolis Part 2: Scenes from a Memory
Dream Theater

Images & Words Awake Octavarium フォーリング・イントゥ・インフィニティ(SHM-CD) Change of Seasons

by G-Tools

スポンサーサイト

▶ Comment

はじめまして。

トラックバックありがとうございます。
こちらからもトラックバックを送らせて頂きました。

ちょっと驚きのニュースでしたね。
私もあちこちと読んでみましたけど、皆さん動揺を隠せないようで。

個人的にはDream Theaterの次のドラマーが誰?という話題よりも次にMike Portnoyが仕掛けるのは何?という方がちょっと気になってしまうかも。
2010.09.11 00:16 | URL | T-Max #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/699-9d206a1b
結局、休みが欲しかった、というのは確かなんだけど、それはTransatlantic等の課外活動が多過ぎだろ!という突っ込みはちょっと違うような気がする。 Mike Portnoyの課外活動はある意味Dream Theaterからの逃避とも取れるから。Mike Portnoyの持つバックグラウンドは非常に

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。