スポンサーサイト

Posted by jin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光明かも

Posted by jin on 08.2010 音楽 0 comments 0 trackback
俺は曲中の部分的な転調がものすごく苦手なんです。なかなか一瞬にして頭と手の切り替えができない。そして切り替えを一瞬でできたにしても、そのコードを聞き取った上で最適なフレーズを弾けない。練習不足が大きな原因だとは思いますが(^^;

この前twitterでギタリストがスケールについて軽い討論みたいなのをしていて、俺もそこに加わりました。自分は、「このスケールで、6弦rootがどこそこの音の、~スケールを弾け」って言われたら考えつつも大体覚えてはいて、なぞることはできるんですが、なかなかそれを「利用する」レベルまで持って行けてない。そもそもそこまで意識するようになったのは割と最近で、今まではひたすらスケールの型を覚える練習をしていた。

この数ヶ月師匠にも言われて痛切に感じるんですが、一番大事なのは歌心。歌ってでてくるようなフレーズこそが一番自然なフレーズなんだからそういうフィーリングを大事にしなきゃならない。これはいかに丹念にコピーして自分のものにするかが大事だそうな。高校の時の師匠にもずっと言われていたなぁ。一方でなにかメルクマールになるようなもの(=スケールやコードトーン)が合ったほうが「外さないフレーズ」を弾けるというのも間違いないこと。で、今回メルクマールについて感じることが合ったわけです。twitterの話の中で、ある方がドリアンを中心にしてチャーチモードを考えてる、なんていう事をおっしゃっていて、今日昼に漫然とギターをもって練習したときにそれを意識してやってみたらたしかにそうだ!!ジャズのフレーズってやっぱり一番基本になるのはドリアンなんですよね。特にメジャーのIIm7→V7なんて、ドリアンから初めてミクソリディアンだとかリディアン7thだとかオルタード、ディミニッシュに行くものが多いけれど、IIm7のところでドリアンに意識を切り替えるだけで全然違う。昔はV7でどう遊んで解決するか、見たいなことばっかりに意識が向いていて、IIm7はそのキーのエオリアンとかでいいんじゃないか、みたいに中途半端に考えてたからなんとなくしっくりこなかったけど、なんだ今日はすごくすっきりした。

そんなこんなでギターはどんどんと新しい発見があって本当に楽しい!今日もフレーズをつくりながら何時間か過ぎてしまいました(^^;
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jrapid.blog11.fc2.com/tb.php/707-4f00cb39

Profile

jin

Author:jin
医学を勉強中。音楽鑑賞、ギター演奏、読書、コーヒー、インテリアなどに興味があります。

My Profile by iddy


ブログランキング:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

twitter

RSS

RSSリーダーでこのブログを購読RSS
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
add to Bloglines

Search

サイト内検索: Google検索:

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。